根管治療でマイクロスコープ使用の歯科は信頼できる

虫歯の治療の際に、神経を抜くという処置を行うことがあります。

虫歯が深い場所にまで進行しており痛みが強い場合などはその処置を実施した上で、殺菌消毒をして歯根の内部に充填剤を入れて被せ物を行います。
その処置がされて数年後に、歯根の部分にたまった膿が原因となって歯茎から出てくるという症状が発生する場合があります。



これは最初の治療の際の処置が十分でなかった場合に発生する症状で、比較的発生頻度も高い「歯根嚢胞(のうほう)」という病名です。歯根の奥にある細菌をしっかりと除去する必要があるために完治させることが難しい病気の一つで、再発することも少なくありません。

歯科医院においてはこの症例で来院する人も多くみられますが、保険内での治療となるために歯科医としてはあまり収入にはつながらないとされています。

しかし根管治療は健康な歯を守るために欠かせない基本的な治療方法ですので、良心的な歯科医院であればかなり根気強く丁寧な治療を行ってくれます。
歯根の奥は肉眼で確認することが難しいために、マイクロスコープを用いて拡大し、より最近の除去を確実とするように工夫した治療方法を採用している歯科もあります。

有望なYOMIURI ONLINEの詳細は専用ホームページで紹介しています。

マイクロスコープを使って根管治療を行ってくれる歯科医院は、良心的で信頼ができると判断して良いでしょう。
歯根の奥までマイクロスコープで目視し、複雑に入り組んだ内部を確実に綺麗にしてくれる治療を受けることで、再発の可能性が低くなります。



1から学ぶ医療

マイクロスコープをいう言葉を聞いたことはありますか?いわゆる歯科顕微鏡のことで、患部を最大約20倍の大きさで見ることが出来るものです。少し前まではこういった高性能顕微鏡は眼科や脳神経外科などの医科の限られた分野にしか無く、主に手術の際に使われるものでしたが、最近は東京などの大都市を中心に歯科の分野でも少しずつ進出が始まっています。...

more

専門知識

マイクロスコープとは、歯科顕微鏡のことを指し、主に患部を20倍などの高倍率で拡大して診ることに用いられています。現在東京などの都市部をはじめとした歯科医院で取り入れられています。...

more

最新考察

歯科用マイクロスコープとは、手術用の顕微鏡のことです。これを使うことにより、肉眼の20倍でものを見ることができます。...

more

納得の情報

渋谷の審美歯科に来院される患者さんに多いお悩みのひとつが、歯の色を白くしたいというものです。歯の色といっても、表面に物理的に色が着いている場合と歯そのものの色が黄色いような場合では対処法が異なります。...

more
top